Minority Style

 時流に乗れないヘタゲーマーの独り言Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

名探偵 シャーロック・ホームズ

名探偵シャーロック・ホームズ (DVD 10枚組) BCP-038 名探偵シャーロック・ホームズ (DVD 10枚組) BCP-038
(2012/04/05)
ロナルド・ハワード、ハワード・マリオン=クロフォード 他

商品詳細を見る

1950年代に英国で放送されていた海外ドラマ。モノクロ・日本語字幕

 最近英国で制作・放送された海外ドラマの”シャーロック”が面白かったので、その旨を地元の映画好きの人と話したところ紹介されたのが本作。かなり昔の作品なので見るのは無理かなっと思ったのですが、探したら意外に簡単にDVD見つかりました。映画や海外ドラマのDVDは結構チェックするほうなのですが、さすがに書店売りの安価DVDはノーチェックでした。ただ安価なDVDのせいか、昔の作品なのでどうにもならなかったのか、話数によっては画面が乱れたりノイズが走ったり、雑音が酷かったりとかなり質が悪かったりします。

 1話30分完結の探偵ものドラマ。もの凄い勢いで話が進んで、あっという間に事件が解決します。なので、本格的な推理を楽しみたいとかいう人には全くお勧めできないドラマです。ホームズやワトソン、事件に絡む人物のキャラの特異性や面白さを楽しみたい人向けかと思います。あとコナン・ドイルの原作を手っ取り早く簡潔に知りたい人にも良いかと。

 原作準拠の話もありますが、オリジナルな話もあります。原作ファンが見たら激怒しそうなブッ飛んだモノから、原作の雰囲気をうまく生かした話もあったり、バラエティにとんでいます。

 50年代の作品なので、かなりチープなデキだったり、当時の英国の規制なのか死体が一切映らなかったりしますが、その辺を見せ方でうまく乗り切っている所など、会話を主軸に面白く見せようとする努力はされています。近作の”シャーロック”と同じような会話やシーンもあるので、”シャーロック”が好きな人なら、その辺を探してみるのも面白いかと。ただ、NHKで以前放送されてた”名探偵ホームズ”のようなのが好きな人が見るとつまらないと思います。

 DVD10枚組で1話30分簡潔の話が20話収録お値段2千円という、お得なDVDなので何かのついでとかお試しとかにどうでしょう。(画質悪い事や雑音がある事は、覚悟のうえで)

スポンサーサイト
  1. 2013/04/22(月) 23:44:04|
  2. DVD紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Army of TWO ザ・デビルズカーテル

Army of TWO ザ・デビルズカーテル Army of TWO ザ・デビルズカーテル
(2013/03/28)
Xbox 360

商品詳細を見る

全実績解除。最高難度ノーコンティニュークリア。

超低難度の三人称視点シューター(TPS)

 本当にそこらによくあるTPSだったりします。いちおう前作までにあったこのゲームの特徴的な要素は引き継いでいたりするのですが、取り敢えず入れてみたという程度で味方に指示を出しても機能してない事が多いうえ、変に裏取りや側面攻撃を狙うよりはカバーして正面から撃ち合うほうが楽にクリアできたりします。

 また敵の注意を引き付けるアグロと呼称される仕様があるのですが、本作では前作までのような目に見えて実感できるような効果がなく、この点からも共闘感がなくなりました。

 武器カスタマイズも一部を除いて、ほとんど差が実感できないので見た目とか、個人的な趣味とかで変更する程度になってます。マスクのカスタマイズもレイヤー数が少なくなっているので、前作より自由度がなくなっています。

  ただこのゲーム異様に難易度が低く、無茶な突撃をしない限りは簡単にゲームオーバーになりません。レベルアップの要素もあるので、ゲームの仕様さえちゃんと理解してプレイしてれば、そのうちクリアできるレベルの難度です。ある程度TPS経験者なら初見殺し的な箇所と出会い頭の接敵、ノーコン&長時間プレイ時に発生する壁や床からわいて出る敵に注意が必要なくらいです。

 前述したようにこのシリーズ独自の仕様が実質なくなってしまって、低難度のモグラ叩きゲームになってしまいました。なので、プレイ自体は単調にならざる得ずTPS玄人の人には勧めませんが、TPS初心者や未経験者の人が入門用にプレイするには良いかもしれません。カバーしないとハチの巣とか、敵が姿を見せたら銃撃といった基本的要素はかっちり守られているし、憂さ晴らしにオーバーキルモードで無双もできたりするし。

 バグ情報

 その1

 今回は凶悪というか何というか、そんなバグが搭載されています。突然味方AIが死亡して有無をいわさずゲームオーバーになります。しかもこのバグがラスボス戦終了時に起こりやすいという凶悪仕様。ラスボス倒してエンドデモ見てたらいきなりゲームオーバーになって、もう一回ラスボス戦からになるので堪りません。

 その2

 既にパッチが当てられていますが、発売日から1週間(パッチが配信されるまで)規制無しの海外版仕様でプレイできたりしました。CERO C指定なのに手足は取れるは内蔵撒き散らすわで初見時は「これでC指定はないだろう」と面食らいました。

  1. 2013/04/21(日) 12:40:10|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ヒットマン アブソリューション

ヒットマン アブソリューション 【CEROレーティング「Z」】 ヒットマン アブソリューション 【CEROレーティング「Z」】
(2013/01/24)
Xbox 360

商品詳細を見る

 

実績全解除 チャレンジ全達成 最高難度 クリア

 海外版、日本版ともにプレイしてる本作。過去作とはかなり趣が変わっていますが、肝となる部分は一緒かと思います。ただストーリー上しょうがないのか、ステルスアクションの要素が強くなっていて、難度が上がると今作の肝の一つとも言える変装は無意味になっています。

 また箱庭マップでもなくなったため多様な攻略法もなくなって、ある程度決められた攻略法のなかからプレイヤーが選ぶという感じになっています。

 上述のような事を受け入れるか拒否するかで、本作の評価は2分されると思うのですが、難易度も低くなってシリーズ未プレイの人も手軽にプレイ出来るようになったのでこれはこれで良いのではと私的には思っています。(歯応えがない分は、自分で適当に縛りを設けてプレイしています)

 フリーズやらチャレンジが解除されないバグとかもあったりするようですが、フリーズ系はどうやらやたらとネットワークと通信しているのが原因のようで、ほとんど運次第の所があるようです。セーブやロード中は何もしないとか、一通りクリアするまで回線切って完全オフでプレイするとか対策はあるようですが、確実な対策というわけではないようです。チャレンジが解除されないバグはフリーズ後のデータで引き続きプレイしたり、長時間プレイしてたりすると発生するようですが、何回かプレイしたりすると運次第で解除するそうです。(注 公式な情報ではありません。また真偽の程も分かりません)

 色々と不満があったり問題もあったりするゲームですが、実績解除も容易だしゲーム自体の難度も低いので、とりあえずクリアするだけなら誰でも出来るので、シリーズ未プレイでも十分遊べる普通レベルのゲームかと思います。

  1. 2013/03/16(土) 18:56:21|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のゲーム

最近は次のゲームをプレイしています。

メタルギア・ライジング・リベンジェンス

トゥームレイダー

メタルギアは開発がプラチナゲームズなんで、体験版で終っているのは百も承知で購入したのですが、その覚悟をはるかに上回る終ってる具合に驚きました。初見ノーマルでプレイして、3時間半でクリア。コンティニューは4回でしたが、その全てがQTEとかの知らないと無理という箇所だけという有様。その後も高難度を適当にプレイしてたら、1週間経たずに最高難度をクリアできてしまいました。

 まぁ難度が低いので、誰でもクリア出来る仕様と取れば良いゲームという気もしますが、それならそれでステージ数増やすとかもう少し遊ばせてくれよと思いました。

 あとはDLCで楽しんでねという事なのかもしれませんが、もうちっと何とかならなかったのでしょうか。

トゥームレイダーはまだ始めたばかりで、クリアもしてません。現在までにプレイした感じでは、アドベンチャーアクションというよりサバイバルアクションという感じになってます。過去作とは全く違う新章という趣でしょうか。(ストーリー的にはプリクエル(前日譚)という設定)

 気になったのは制作あるいは開発の会社のコンプライアンスなのか、字幕がTVやDVDの難聴者向けの字幕のような表記になっています。別にそれが悪いとは思いませんが(むしろあったほうが良いとも)、会話字幕と切り替えられるぐらいは出来るだろうし、別ファイルにしても、そう容量を取らないと思うのですが。

  あと、やたらと痛そうなシーンが多いというか、終始そういう絵面が続くので、痛いのが嫌いな人はプレイするのが辛いというか出来ないかも。

とりあえず、こんな感じで上記2本をプレイしています。メタルギアはもう熱が冷めてる感じですが、トゥームはこれからというレベルなので、3月中はトゥームが主体になると思います。

  1. 2013/03/16(土) 18:22:39|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のゲーム

最近の記事は去年プレイしていたゲームを紹介しているので、この記事では最近プレイしてるゲームを書いておきます。で、最近はこの2本をプレイしてたりします。

ヒットマン アブソリューション

ソニック&オールスターレーシング トランスフォームド

 ヒットマンは去年の11月下旬にアジア版を購入して、12年内に実績全解除までプレイしたのですが、先月の1月24日に日本版が出たので日本版を購入して再プレイしてたりします。セーブデータや実績はアジア版と共通なので、もう解除する必要もなくもっぱらユーザー作成コントラクトをプレイしたり、ストーリーモードを面白プレイでクリアしてたりします。(「ここは荒野のウエスタン」でお馴染みのスクエニ製なんで、面白日本語訳が連発で爆笑なのと、メインキャラ以外の声優が好きで良く見ているB級とかZ級のDVDスルー映画の吹替え声優(というか、なんとかメディア総合学院出の声優)が大挙出ていて個人的に最高)

 ソニック~は発売自体は去年なんですが、今年に入ってから購入。アフターバーナやパンツァードラグーンなどのセガゲーを模したステージがあり、バックに流れる音楽もちゃんとそのゲームのアレンジ曲だったりするので、元がセガゲーからゲームに入った自分にはたまりません。

 またゲームもただレースをするだけでなく、空に海にと自機が変形したり、ドリフトで指定区間を走りきるものや交通渋滞をかい潜って指定距離走るものなど色々とバラエティに飛んでいて飽きません。

 と、まぁ最近はこの2本を中心にプレイしてたりします。

  1. 2013/02/01(金) 19:44:14|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴーストリコン・フューチャーソルジャー

ゴーストリコン フューチャーソルジャー ゴーストリコン フューチャーソルジャー
(2012/07/05)
Xbox 360

商品詳細を見る

戦術要素を加味した三人称視点シューター。(TPS) オフラインキャンペーンのみプレイ。

 小隊単位で各種ミッションをクリアしていくTPS。プレイヤーを操作するだけでなく、小隊の他のメンバーへ移動や攻撃指示を出して、より有利に戦闘を進めていく事ができます。またステルススーツや偵察ドローンなどの近未来兵器が使えるのも特色。

 個人的にはあまり面白くなかったゲームです。いちおうこのシリーズはアドバンスウォーファイター(GRAW)からプレイしているのですが、どうもプレイしてて何か違うというか面白さを感じませんでした。

 GRAWよりもシステムや使用出来る兵器類も増えていて進化をしていても、肝心のゲーム部分での進化が全くしていないというか退化しています。相も変わらずAIキャラはおバカさんだしというか、今作ではプログラム的にプレイヤーに不利に動くように設定されてるような節も各所に見られる有様。 偵察ドローンを使っても半分は意味がなかったりします。見つかる時はどうやっても見つかって戦闘になりますし、戦闘になると敵がプレイヤーに不利な位置にリスポンする事も多いので、事前に敵の数や位置を偵察してもあまり意味がなかったりします。(特に後半は使用すらできない)

 GRAWも上述のようなゲームだったのですが、今作では何も改善されていなかったのは残念でした。このシリーズは「そういうゲームだから」といえばそれまでなんですが、ずっとユーザーサイドから改善の希望を出されているのだから、新作を作るなら多少でも改善するべきだと思うのですが。

 やたら発売前のプロモーションに金をかけていて、いざ買ってプレイしてみたらこの有様だったので、正直がっかりしました。(まぁそれでも、最高難度でノーコンクリアしたけど)

  1. 2013/02/01(金) 19:18:12|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スペックオプス ザ・ライン

スペックオプス ザ・ライン【CEROレーティング「Z」】 スペックオプス ザ・ライン【CEROレーティング「Z」】
(2012/08/30)
Xbox 360

商品詳細を見る

三人称視点シューター(TPS)。

 大規模な砂嵐で消息を断った部隊を捜索するために、現地に向かった主人公(プレイヤー)の小隊が、そこで遭遇する惨状と極限状況で選択を迫られるというストーリー。

 Z指定のゲームですが、ただ残酷表現があるというだけでなく、ストーリー的にも大人な人にしか理解できない内容となっています。よくある敵・味方という単純なモノでなく、極限状況のなか狂気に走った一般市民や自分たちが捜索に来た部隊の生き残りだったりします。単純にトリガーを引くという内容でなく、生き残るために仕方なくトリガーを引く、またそれさえも正しい行為なのかという疑問や罪悪感をプレイヤーに投げかけて」きます。

 ゲーム自体は普通の三人称シューティングで、特に優れた部分はないです。障害物でカヴァーして、敵がリロードしてる最中に銃撃するというパターンの繰り返しです。特に目新しい仕様はなかったりします。AIの仲間キャラもそれなりに良い動きをしてくれるのですが、何故か特定の場所でプレイヤーを見捨てたり不利になるような動きをします。

 ゲームとしてがっつりTPSを楽しみたい向きの人には勧めませんが、TPSをプレイしながら大人向きなストーリーを楽しみたいという向きにはお勧めかと思います。(ゲーム部分が弱すぎな感はありますが)

  1. 2013/01/29(火) 20:32:44|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドライバー:サンフランシスコ

ドライバー:サンフランシスコ ドライバー:サンフランシスコ
(2011/11/10)
Xbox 360

商品詳細を見る

オープンワールドタイプのドライブゲーム。

 サンフランシスコの街を舞台に、クルマを使った各種ミッションをこなしながらストーリーを進めていくゲームになっています。主人公(プレイヤーキャラ)が刑事という事で、メインミッションは事件を解決するために捜査を進めていく形式ですが、サブミッションやチャレンジはレースやスタントアクションを一定のクリア条件目指して行くことなります。

 また、”シフト”というシステムがあります。このシステムは街中のフリー走行中いつでもAボタンさえ押せば、マップ画面になりマップ中の他車に乗り換える事ができます。(ゲーム設定的にはドライバーに憑依するという設定)

 肝心のクルマの操作のほうですがジュアルよりで、シミュ系レースゲームが好きな人にはガッカリかもしれませんが、気軽に遊びたい人やレースゲームをあまりプレイしない人には良いかもしれません。ややドリフトしやすい所や舞台になっているサンフランシスコの地形上、急坂や妙に入り組んだ路地が多く最初は操作しにくく感じるかもしれません。その辺は各種イベントをこなしていくうちに自然と覚えられる仕様にはなっています。

 かなり自由度が高く、レースもできれば警察や犯人になってカーチェイスもでき、大型車をジュンプ台にスタントアクションもできたりと色々できるうえ、これを自分な好きな時に好きなに選んでプレイできるので、空いた時間にちょっとプレイも出来ればガッツリ時間を取って長時間プレイしても飽きずに楽しめます。

 いちおう欠点もあげておくと、このゲームなんですが英語音声+日本語字幕なんですが、ドライブ中に会話が入るので操作しながら字幕が追えなくて困る事があります。(字幕の位置にも問題ありかと) 

 あと、どうもプログラム的に鬼門が設けてあるようで、かなりヤリ込んだミッションでも使用するタグを変更してプレイすると、どのタグでプレイしても同じ所で数回コンティニューする事になります。CPUカーのスピードが速すぎて、どうやっても追いつけないとか、一般車が反対車線から突っ込んできたり、周りを完全封鎖してクリアできない状態になったりと、あらゆる手でコンティニューに追い込んできます。まぁこのへんはコンティニューありきの昨今の洋ゲーの仕様なんで、しょうがない所です。(数回コンティニューすれば、普通にクリアできるようになる事だし)

 現在はGoDで1900円でDL購入できますし、レースゲームはしないけどオープンワールド系が好きな人とか、ちょっとストーリー付きのレースゲームがしてみたいなと思っている人はどうでしょう。

  1. 2013/01/28(月) 15:20:33|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スナイパーエリート V2

スナイパー エリートV2 スナイパー エリートV2
(2012/08/09)
Xbox 360

商品詳細を見る

 狙撃に重点をおいた3人称シューター。(実績はオフラインソロでできるモノは全解除。オンは未プレイ)

 プレイ前は狙撃ポイントに見つからないように移動して、そこからターゲットを狙撃するゲームかと思ったのですが、そうではなく昨今の三人称シューティングに狙撃要素を付加したゲームです。

 敵の行動はパターン式ではなく、プレイヤーが特定ポイントに移動すると敵が沸いてくるタイプになっているので、発見されて銃撃戦になる時はどう頑張っても銃撃戦になったり敵の銃撃を食らったりします。なので、ステルスゲームを期待するとゲームが進むにつれて、がっかりするかと思います。

 最近の洋ゲーお得意のコンティニュー前提で作られているので、コンティニューしないで数時間あるいは数ステージをプレイすると、どこから攻撃されてるのかわからないままゲームオーバーとか、あり得ない位置から発見&攻撃されてゲームオーバーとかあるので、ノーコンティニュークリアとか目指すと途端に難しくなるので、コンティニューありきでプレイしたほうが精神衛生上よろしいかと思います。

 基本的には及第点レベルの三人称シューターなので、へんに期待しないでいれば普通に楽しめるゲームかと。

  1. 2013/01/26(土) 09:44:13|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キングダムアマラー レコニング

キングダムズ オブ アマラー:レコニング キングダムズ オブ アマラー:レコニング
(2012/09/20)
Xbox 360

商品詳細を見る

去年は結構アクションRPGばかりプレイしてたので、これも購入。

 ジャンルはオープンワールド型のアクションRPG。種族とか選んでキャラをクリエイトしたら、あとはだだっ広い世界を好きなように冒険して下さいというヤツです。

 ストーリーはアマラーと呼ばれる全てのモノが運命によって支配される世界で、たった一人世界の運命を断ち切り改変できる存在となった主人公が、この世界の謎や自らの記憶を取り戻すために冒険するといった感じ。(その間に膨大な数の枝葉のサイドストーリーあり)

 難度は難易度設定があるので、自分の力量で自由に出来て特に詰まるという所はないと思います。攻撃と回避をちゃんとしていれば鬼門となるような所もなく、もし詰まっても別の場所やサイドクエストでレベルを上げて再挑戦すれば何とかなるかと。謎解き部分もマップ上のナビアイコンを辿っていけば、特に問題なく解けるレベルかと。(一部は除く)

 またハクスラ的な要素もあり、武器や防具やアイテム類を収集する楽しみや、素材から武器や防具を自作する要素もあるため、そういった向きが好きな人にも楽しめると思います。自作武器・防具には自分で名前が付けられます。

ただ、マップが激広なうえクエストの数が半端ないので、クリアまでは長時間プレイとなります。10時間くらいやっても序盤の序盤でワールドマップ見たら、最初の場所から大して移動してなかったりして愕然となったりします。なので、サックとプレイしてクリアも実績コンプも済ませたいという人には確実に向かないゲームです。

 一つのゲームに時間が取れる人で、ハクスラやオープンワールド系のRPGをプレイしたい人には勧められると思います。既に開発会社が閉鎖してるので、新規にDLCが追加される事はないので、ソフト1本で完結していて追加投資無しなのも良いところかも。(日本版は既発のDLCを同梱済み)




 わかっているとは思いますが、もちろん私はまだクリアしてなかったりします。
  1. 2013/01/11(金) 23:23:19|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンタ

おかげさまで

プロフィール

斗紀雄

Author:斗紀雄
 プレイしたゲームやら、日常とか色々と書き散らかしてます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。