Minority Style

 時流に乗れないヘタゲーマーの独り言Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何を狙っているのやら…

 くろ団がきたーーーー

 リンク先は、コナミのblogサイト”コナミGSサテライト”内にある”サテライトブログ”の記事です。

 記事内容は同じくGSサテライト内にある”サテライト・マガジン”にて記事を書いている藤田志穂さんの会社のスタッフが、コナミにやって来たという記事です。

 コナミは彼女たちを含む、藤田社長の会社と組んで何をやろうとしているのでしょうか? 凡人の私には全く読めません。この手の人達をゲーム市場へ引き込む、壮大な企画でも練っているんでしょうね。

 ともあれ、コナミ&藤田社長&くろ団の皆さん、がんばって下さい。
スポンサーサイト

テーマ:ゲーム速報 - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/31(月) 23:52:34|
  2. ゲーム

米国で女性ゲーム開発者会議

「ビデオゲームは男だけのものじゃない」--米で女性開発者らのイベント開催
 リンク先 CNET Japan

 米国で"Women's Game Conference"というのが、あったそうです。現ゲーム開発従事者と、ゲーム開発への就職を希望する人達が参加して、開発現場における性差の問題について話し合ったそうです。

 個人的には、女性のゲーム開発者は数人知らないでもありませんが、一般的に見たら女性ゲーム開発者で有名な人というとチョット挙げられません。

 別に女性がいても良いとは思うのですが、ゲーム開発の現場でやっていくのは女性には辛すぎるので、それなりに根性座っている人でも無い限りは無理ではないでしょうか。

 知っている女性ゲーム開発者も、皆さん根性座った人ばっかりですからね。(笑

テーマ:ゲーム速報 - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/31(月) 22:52:06|
  2. ニュース

ナビゲーション Ray=Out ネット配信中

 先日放送された、交響詩篇エウレカセブンの特番”ナビゲーション Ray=Out”のネット配信が開始されました。

 配信先は
 バンダイチャンネル
 ShowTime
 Gyao

 個人的には登録も何もいらないバンダイ・チャンネルで見るのをお勧めします。登録したり、お金がかかっても高画質でという人はショウ・タイムでしょうか。

テーマ:交響詩篇エウレカセブン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/10/31(月) 22:37:33|
  2. ニュース

Madden NFL 06 公式サイト開設

 EAのアメリカン・フット・ボールゲームの新作”Madden NFL 06”の、公式サイトが開設されました。

 公式サイトを見る限りでは、今回の新要素はQBビジョン・コントロールというQBの視点をアナログスティックで操作する機能のようです。私のようなパスプレイ大好きっ子さんには、面白いと思える機能ですが、昨今はやりのアイ・なんとか21とかを、擬似体験したい人にはどうなんでしょうかね。

 まぁ毎年お馴染みの季節になってきたなと言いますか、アメフトなんでいつものような売り上げかなとか、思ったり思わなかったりする今日この頃です。

 MADDEN NFL 06 公式サイト

テーマ:ゲーム速報 - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/31(月) 22:21:19|
  2. ニュース

Over G 関連スタッフ発表

「Over G」は沢村光彦氏が執筆し、末弥純氏が描き、Janne Da Arcが奏でる
 リンク先 ITMedia +D Games

 xbox360フライトシューティングゲーム”Over G”の、関連スタッフが発表されました。

 音楽はJanne Da Arc(ジャンヌダルク)が担当。シナリオには沢村光彦氏(./hackとか書いてたそうで)、キャラクターデザインは末弥純氏(この手ではフロント・ミッション)

 絵的な部分はそれなりに期待できるとして、シナリオはどんな感じになるんでしょうね。沢村氏は知らないので、どんな感じのシナリオになるのでしょう。

 まぁゲームなんで、最終的にはゲームとして面白ければ文句ないんですけどね。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/31(月) 22:07:21|
  2. ニュース

エウレカセブンの私的OP

 日曜休日の朝っぱらから死体が爆発したり、豪快に片腕が吹っ飛んだりする事で、私の寝ぼけた頭に強烈な目覚まし効果を与えるアニメとなっている”交響詩篇 エウレカセブン”

 既にご存知のように、第2クールに続き第3クールもOPがアレな状態になっております。特に第3クールOPのラストカットは、爆笑カットとして後世に残すべくほどの物となっております。

 さて、そんなエウレカセブンを私は動画ファイルとして毎週録画しているのですが、先ほども書いたようにOPがアレなので、現在はこのFlashをaviにエンコして、本編の動画ファイルと連結してたりします。

 たまに、エウレカセブンを見逃した友人にこの動画ファイルを、貸してあげると非常に怒られたりします。(笑

 ともあれ、第3クールOPをネタにした、動画がどっかに落ちてないかと探し回る日々を送っております。

テーマ:交響詩篇エウレカセブン - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/10/31(月) 01:21:16|
  2. アニメ

ゲームキャラ列伝3 名無しの研究者

fs-nk

 ゲームキャラ列伝3回目は、GBA用ソフト”フロンティア・ストーリー”から

 名無しの研究者

 ゲーム冒頭のストーリーデモに出てくるキャラなのですが、ウケ狙いなのか、適当に作ったのか分かりませんが、あまりにベタ過ぎてゲーム本編に入る前から、先行きを不安に落とし入れてくれました。

 あまりにベタなキャラな為、忘れてしまいそうなので忘れないうちにココで紹介しておく事にします。

 一応このキャラにはセリフがあります。


  1. 2005/10/30(日) 22:33:41|
  2. ゲームキャラ列伝

ゲームキャラ列伝2 マチカネイワシミズ

mid2


 ゲーキャラ列伝2回目は

 マチカネイワシミズ
 
 ただSFCのダービスタリオン3限定。
 このマチカネイワシミズ、ダビスタ3の種牡馬なのだが、種付け料は無料すなわちタダなのだ。
 他のダビスタにも種付け無料馬はいるのだが、このマチカネイワシミズは名前からして、無料という悲哀を強く感じると思いませんか。


 
 マチカネ  お金を待っている。つまりお金無い
 イワシミズ 岩清水 なんか地味な感じ、ワビサビの世界です。

 この馬が実在馬なのかどうかも知りません。あくまでゲームの中のデータで悲哀を感じる馬だなぁーと思ったんで、ココで紹介しています。
 ところで、マチカネイワシミズからできた馬で、重賞制覇した人っているのでしょうか。
  1. 2005/10/30(日) 22:20:47|
  2. ゲームキャラ列伝

ゲームキャラ列伝1 スペランカー

spc

個人的に気になったゲームキャラを、紹介するカテゴリーがこの”ゲームキャラ列伝”です。
 初回はやはりコイツしかないと思いますので、コイツの紹介をしましょう。

 スペランカー
 ゲーム界の最弱帝王の座を、20年間保持する最弱なる最強帝王という、頭がこんがらがりそうな玉座に君臨するキャラです。

 ちょっとした事でヤラれます。何せ自キャラの背の高さより高い位置から落ちただけで、ヤラれます。エレベーター降下中にジャンプしてもヤラれます。こうもりのフンに当たってヤラれます。
 場所によっては、昇降板と地形にある微妙な隙間に落ちてヤラれたりします。

 こんなスーパー虚弱体質を、何故に洞窟探検に送り込んだのかは不明です。謎満載の対幽霊用の銃(笑 を持っているとはいえ、最下層に宝の山が眠っているとはいえ、無謀すぎる挑戦です。「これが男のロマンとかいう奴なのか」とガキの頃思いましたが、根性でエンディング(1周クリア)して見たエンディングを眺めながら……。



 「お前それどうやって、持って帰んだよ」と、激しくツッコミを入れてた記憶があります。

 ところで、このスペランカー先頃20周年を盛大に祝ってもらったスーマリと同じく、1985年発売だったりします。
 正確な発売日は1985年12月7日なんですが、今のところハッピー・スペランカー20THなどというキャンペーンも聞きませんし、ファミコン・ミニ版での発売も聞きません。(涙

 しかし、ゲーキャラ”最弱帝王”の座は今後も揺るがないでしょう。スペランカーは、超虚弱体質を意味する外来語と、国が認定する日がいつかくると信じて終わりにしたいと思います。

 ついでのツッコミ所
 パッケ画像。主役は幽霊?
 


 赤い発光ダイオードは王者の証しか(笑
  1. 2005/10/30(日) 21:08:52|
  2. ゲームキャラ列伝

Gyaoで都美子ちゃんを見る

 今日の昼、暇だったんで無料ネットTVの”Gyao”で、何か見るべと思い色々と探していると、音楽チャンネルに今は亡き(一応ファイナルは11月25日ですけど)”都美子ちゃんと、その下僕ども”(一般には、Do As Infinityとか言う奴)のPVが流れてたんで見てみました。

 4,5曲のPV集だったんですが、良い物でした。たまに下僕がチラッと写るのが余分のような気もしますが、しょうがないという事で……。

 PVの中には、ゲームのテイルズ・オブ・なんたら(シリーズ多すぎてドレがドレやら忘れた)の曲もあったりするので、ゲーム好きも見て損はないかと……。(ただし、ゲーム画面とかは一切なしだが)

 そんなこんなで、PV見ながら既にソロ活動も開始している都美子ちゃんの行く末を案じてみたりした。従順にして有能な下僕なしで、生き馬の目を抜く厳しい業界を、無事に都美子ちゃんは生き抜けるのでしょうか。

 伴都美子 公式サイト 
 無料ネットTV Gyao
  1. 2005/10/30(日) 20:10:35|
  2. その他

夕凪ループ

loop

 声優・坂本真綾さんのニューアルバム”夕凪ループ”を買いました。

 お気に入りは、2曲目の”ハニーカム”と9曲目の”ユニゾン”ですかね。
 
 菅野よう子さんのプロデュースから離れた1枚目という事なんですが、まぁ1枚目はこんな感じかなという印象です。
 今までと同じモノを期待してる人には、色々と不満もあるんでしょうけど、新しい局面への助走としてはコレで良いかなと個人的には思います。
 それと詞のほうもいつまでも、アニメファンが喜びそうな詞もどうかなと思っていたので、このアルバムでは彼女が今まで作詞してきたモノの世界に近くなっていて良いかなと思いました。

 まぁ、今後どう変わっていくか、生暖かく見守りたいと思います。

テーマ:声優 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2005/10/30(日) 18:08:30|
  2. アニメ

エウレカセブン TR1 NEWWAVE

e7tr1

 PS2用アクション(RPG?)”エウレカセブン TR1 NEWWAVE”

 久々にハズレを引きました。(笑
 まぁキャラゲーで当たりが出たら、オメデトウって感じなんで、ハズレがデフォと考えていますので、特にダメージはありませんね。(財布の中身はのぞく)

 2部(3部?)作らしいので、ストーリー的な部分は書かない事にしたいのですが、アニメと同等クラスのシナリオを期待できません。よく原作付きゲームにはありがちな、ゲームにし易いシナリオでお茶をにごしています。まぁ途中で切れているので、全編分かると印象も違うのかもしれません。

 肝心なアクションですが、アクションゲームの玄人でも無い限りは、かなり苦労すると思います。それなりにカッコ良くやろうと思うと、相当の練習を要します。
 普段ゲームしない人は確実に投げ出す事に。たぶん、このゲーム買う人=かなりのゲーマーという認識のもとに作られていると思われます。

 最後に一番声を大にして言いたいのが、「リフらせろや、オイッ」と言いたい。リフろうとすると100%ゲームオーバー決定です。神クラスのテクでもない限りはリフれません。もしかしたら、テクはあってもプログラムがついてこれず100%リフれないのかもしれません。

 原作であるアニメ見てる者にすれば、ゲームという仮想空間であれアニメと同じような華麗なリフを決めて戦闘したいと思うのですが、それが全く出来ないという仕様は頂けないと思います。

 結論を言いますと、キャラグッズとして理解したうえで購入する人にしかお勧め出来ません。

テーマ:ゲーム感想 - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/30(日) 18:05:52|
  2. ゲーム

フロンティア・ストーリーズ

fs

 GBA用アクションRPG”フロンティア・ストリーズ”

 2003年のE3で賞を取ったアクションRPG。開発はカルトな人気を誇るカオスシード、最近作ではシャインング・ティアーズを作ったネヴァーランド・カンパニーです。

 海外の人気作の逆輸入作品なのですが、個人的にはやっと日本でも発売かという気がします。日本でも一部の海外のゲームを購入してる人達から評価を得ていたのですが、一本道RPGや思考力0の言いなりRPGが隆盛する日本市場で、評価されないと判断したのか、ドラマCDとかが同梱されてたりします。

 一応アクションRPGをうたっていますが、アクションあり、パズルあり、リアルタイムシムありと、かなり多彩なシステムになっています。その為、システムに慣れるまでに時間を要します。
 最初にチュートリアルステージがありますが、これがイマイチよろしくありません。簡単に説明しようとしてるのですが、やたら時間を要するためダルくなってきます。

 だいたい、2ステージ目か3ステージ終了までガマンしてプレイできればハマれると思います。毎度のネヴァーランド仕様といえばそうですが、昨今の盲導犬RPGに飼いならされたプレイヤーには一蹴されてしまいます。(もとが海外のみの発売だから、日本のプレイヤーなんて知ったこっちゃないですね)

 それから、昨今の日本のゲームでは有り得ない仕様が満載されております。プレイヤーに随伴するサブキャラが、地形に引っ掛かったりするのは朝飯前のごとく搭載されていますので、日本のゲームの常識的仕様を期待してはいけません。
(なにせもとが海外専用なんで)

 前半は苦行ですが、それを過ぎれば前半の苦しさがウソのようにラクなので、シム要素を楽しむのはそれ以降になります。パズル的要素やアクション要素は単調ですが、リアル・シム要素は解法がひとつではないので、かなり楽しめると思います。(リアル・シムが好きならですが)
 
 アクション+パズル+リアル・シム、こういった複合要素を楽しめる方、前半の苦行をガマンできる寛容な方、そういった人にはお勧めかと思います。

 あと、余談ですが会話中とかのキャラ絵が一個しかないので、言ってる内容と絵があってません。「キャー」と言っているのに、キャラ絵が微笑んでいたりします。(笑

テーマ:ゲーム感想 - ジャンル:ゲーム

  1. 2005/10/30(日) 18:02:00|
  2. ゲーム攻略

カウンタ

おかげさまで

プロフィール

斗紀雄

Author:斗紀雄
 プレイしたゲームやら、日常とか色々と書き散らかしてます。

カレンダー

10 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。