Minority Style

 時流に乗れないヘタゲーマーの独り言Blog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゲーム動画のこと

 最近、取引先の人と話すと時折話題にのぼるのが、動画共有サイトなどのユーザーによるゲームプレイ動画に関する事です。

 最初は「別に良いんじゃないの」と思ってたのですが、色々と話しを聞いてみたり情報を集めてみたところ、そう簡単な事でもない状態になっているようです。

 メーカー側も広報の一環として公式にこの手の動画を共有サイトにアップしてたりして、営業面で無視できない要素となっているよう。自社製品の営業活動として自社製品の動画を公式動画と告知してアップするぶんには問題ないと思われるのですが、公式という部分を隠して一般ユーザーとして動画アップ、人員を動員してコメントや閲覧数を上げているというようなモノをあるそう(噂レベルの話ですが)で、そういうモノにはそれなりの金銭が動いているとかいないとか。

 まぁこの手の営業活動に関しては、実際の所どれほど効果があるのか分かりませんが、このまま行くと他社の製品を貶めるための活動にも使われるのではないかという危惧もあるようです。(もうそういう状態なのかもしれませんが)

 またゲームのジャンルによっても、この手の動画が致命的なモノになるジャンルもあるようで、ADVだとまるまるプレイ内容をアップされると、もうプレイの必要がないというような状態になるそうで、この手のジャンルのみで勝負してるメーカーには死活問題なんだそうです。(「特典とかグッズで儲けてるんじゃ」とか言ったら、物凄い勢いで怒られた)

 アクションやシューティングでも、昨今はストーリー性が重視される部分があるので、プレイ部分だけなら良いけどデモから下手するとタイトルからエンドロールまで余さずアップされる事には、さすがに肯定的な人はいませんでした。

 ただユーザー側にはメリットもあって、クリア出来ずに投げていたゲームを再プレイする良い機会になったり、新しいプレイ方法を知る機会になったり、ある種の新しいコミュニティを形成する機会になったりと、動画を契機に色々と何かが始まっているようです。

 とは言うものの法的にはアウトだし被害を被っているという人もいる訳で、メーカーなりユーザーなりどちらか一方的が泣いてもらうというのもおかしいし、有名所だけでも1日にかなりの数がアップされてる状態の中、削除要請を全部に対して出すのも不可能に近いので、ここはメーカー・ユーザーともにある程度泣くという形でのルールを作るしかないかと。(まぁルール無視する人はいるだろうけど、そういう人は訴えるしか)

 まぁ個別メーカーで騒いでも問題解決にはならないと思うので、業界団体でルールをユーザーなり共有サイト運営側に提示してみて、ユーザー側の反応をとりあえず一度見てみるしかないのかなぁという気はします。(大手メーカーに大打撃を与えるような状態にならないと、業界団体全体の問題にはしないんだろうけどね)

  1. 2011/07/05(火) 19:52:18|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://orz777.blog34.fc2.com/tb.php/1982-f77f8734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンタ

おかげさまで

プロフィール

斗紀雄

Author:斗紀雄
 プレイしたゲームやら、日常とか色々と書き散らかしてます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

あわせて読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。